ペニス増大サプリの飲み合わせの注意点

ペニス増大サプリの副作用について

ペニス増大サプリの基本的なメカニズムは、シルデナフィルなどの血行を促進する成分が血管に働きかけて血管を膨張させ、血流を良くすることでペニスを増大させるというものです。
これに限らず、血行の促進は疲労回復や新陳代謝の活発化など、良い効果が数多く見られるのですが、その一方で必要以上に血管が広がると、身体の各所で問題を引き起こします。例えば、頭部の血管であれば神経を圧迫して頭痛となり、鼻の毛細血管であれば鼻孔を塞いで鼻づまりとなり、顔の表面の場合は、血管が浮き出てほてりになるといった具合です。

ペニス増大サプリが効きすぎると、このような副作用が起こることがあります。これらの効果は一時的なものであり、しばらく休んでいれば薬の効果が切れ、血管の膨張が収まることで自然に回復するため、あまり問題はありません。しかし、ここで問題になるのが、血管が必要以上に膨張している段階でさらに血管を膨張させるとどうなるのかということです。

ペニス増大サプリと他の薬の飲み合わせについて

ペニス増大サプリとその他の血管を膨張させる薬などを飲むと、必要以上に血管が膨張し、急激な血圧の変化を引き起こすことがあります。これはショック状態からの死にもつながる大変危険な状態であるため、ペニス増大サプリとその他の薬との飲み合わせには気を付けなくてはなりません。

具体的な例としては、心臓病の治療に使われる硝酸薬やニトログリセリン系の治療薬、不整脈症の治療薬となるアミオダロン塩酸塩、各種の肺高血圧症に効果があるリオシグアトなどを挙げることができます。

これらの薬の飲み合わせは、命に関わることから厚生労働省によって「併用禁忌」に指定されるほどです。そのため、持病などでこれらの薬を服用している場合は、医師に相談してペニス増大サプリを使用しても問題がないかどうかを確認することが必要となります。この時、場合によっては、使用上の注意を厳守することでペニス増大サプリとの併用が可能となる「併用注意」の薬に切り替えることを勧められるかもしれません。そうすれば、上記のような持病があってもペニス増大サプリを利用することができます。

まとめ

ペニス増大サプリは血管を膨張させ、血行を促進することでペニスを増大させます。しかし、同じく血管を膨張させる効果のある薬と飲み合わせると、必要以上に欠陥が膨張する可能性があります。そうなると、血圧の急激な変化によるショック状態が起こり、場合によっては死に至ることもあります。このような薬は心臓病、不整脈症、肺高血圧症用のものが多いため、これらの病気によって継続的に治療薬を服用している場合は、医師に飲み合わせについて相談することが推奨されます。